毛皮産業の将来の進路のための偉大な楽観主義は、
2014年の優秀な毛皮のアテネInternational Fur Fairにより
送信されたメッセージである。


FEA2014は、国際市場の経済的、政治的環境の
既存の難しさにも関わらず
先行のfur fairとは反対方向に向かって移動した。


肯定的な結果、訪問者の数ではなく、
主に毛皮のアイテム購入に関心があるものだけが出された。


バイヤーズと出展者の様に、
海外でギリシャから組織によって彼らの極端な満足感を宣言し、
品質とブースの美学が
主に達成された結果だけでなく、勝つ価格で選ぶ。


オープニングは?


主催者によると、夜のお祭りや若いデザイナーの競争は、
良好な人達で約800人を集めた。


メガロン·アテネ·コンサートホールで開催されたショーは
15のコレクションのハイライトを特色にした。


そしてデザインコンペは、NAFAと毛皮業者のギリシャ協会(HAF)が共同主催だけでなく、
フェア自体は、メトロポール展示センターで開催されました。


3コンテストの勝者はメーカーのNAFAで一週間のワークショップに
トロントへの費用賃金の旅行を受け取ります。


また「優秀な毛皮を発見する」ワークショップは、
ロンドンのRoyal College of Artの教授であるVasilis Kardasisによって組織された。


メーカーは残念ながら、ロシア、楽しみに最善の努力を入れていると言われていたが?


ウクライナの状況は、イベントの上に大きな影を持っていた。


全体的なアテネのフェアは、主催者によると、予想よりも良い結果が得られた。



2