デイリーメールによると、2014年のランウェイでは70%が毛皮を使用しています。

それは単なる偶然ではありません。

毛皮業者はデザイナーが供給し、数十年にわたるキャンペーンの一環として、

毛皮をリブランドし流行が始まった後に“高齢者の寡婦を助け守る”をピックアップ。

毛皮業界は反撃し、それ自体を商標変更して、

倫理的で豪華な密かに継続している若い女性向けに

深いシクニカルキャンペーンでいくつかは言うかもしれない。 

YouGovの世論調査では、18歳から24歳の58%に比べ

55歳以上の77%は毛皮を間違った使用をしている。



くまFURJPEG12